トップページに戻る > お知らせ

お知らせ

日本健康相談活動学会誌16号1巻【特別報告】原稿募集のお知らせ

2020年8月21日

日本健康相談活動学会 会員の皆様

日本健康相談活動学会理事長 三木とみ子
 同 編集委員会委員長 遠藤 伸子 

日本健康相談活動学会誌16号1巻【特別報告】原稿募集のお知らせ

 平素は、本学会誌発行に際して、様々なご支援ご理解を賜りまして誠にありがとうございます。
 この度、編集委員会では、学会誌16号1巻の【特別報告】の原稿を募集することになりました。
 Withコロナ、ポストコロナといわれるなかで、学校現場における先生方の様々な実践について是非、ご報告ください。詳細は、下記のとおりです。


【テーマ】
新型コロナウイルス感染症から問い直すこれからの学校教育と健康相談のあり方

【募集の流れ】
 執筆を希望される方は2020年9月30日(水)までに、内容の概要(200文字程度)をフォーマットに記載し、ご提出ください。
フォーマットはこちら →フォーマット

【提出先】  
  • 編集委員会宛てにメールでご送付ください。
  • 編集委員会メールアドレスedit★jahca.org(★を@に変えて送付ください。)
  • 編集委員会で内容を検討させていただき、結果につきましては個別にご連絡いたします。執筆を依頼する方へは、併せて執筆依頼をいたします。

    ~執筆依頼決定後の流れ~
  • 10月中に原稿の執筆を依頼させていただきます。
  • 枚数
    原稿はA4版3~4枚程度  6,500字程度(図表を含む)
    最終的には2段組みに編集させていただきます。文字数を参考にご執筆いただきます。
  • 原稿締め切り:2021年1月10日(日)

    *第15巻より、「特別報告」で掲載する原稿は、「査読付き」といたしました。投稿論文とは異なり、厳重な査読はいたしませんが、執筆者間の調整や原稿全体の体裁、テーマとの一貫性を鑑み、編集委員から再度、執筆内容についてご修正等の検討いただく可能性があります。

    【問い合わせ先】
    日本健康相談活動学会編集委員
    三森:ymitsumori★chiba-u.jp
    齋藤:chikages★mail.saitama-u.ac.jp
    (★を@に変えて送付ください。)
  • 日本健康相談活動学会第17回学術集会の開催について

    日本健康相談活動学会第17回学術集会を以下の通り開催します。

    学術集会ホームページはこちらです → 第17回学術集会ホームページ

    ・テーマ:「健康相談・健康相談活動の管理と教育の一体化」
    -withコロナ時代に養護教諭は何をするべきかー


    ・会 期:2021年2月18日(木)~2021年2月23日(火)
    メイン 2月20日(土)、2月21日(日)

    ・会 場:オンライン
    ・学会長:埼玉県立草加東高等学校 養護教諭 道上恵美子

    現職養護教諭が学会長を務めます。
    健康相談・健康相談活動の実践と研究を深め合いましょう!
    皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

    2020年度「助成金研究」の募集について

    ◆学術研究委員会からのお知らせ◆
    2020年度「助成金研究」の募集について
  • 助成金研究の募集要項は、こちらから。
  • 応募は、下記より申請書をダウンロードしていただき必要事項を記入し、学術研究委員長宛にお申し込みください。
    助成金研究申請書ダウンロード
  • 応募締め切りは、5月31日(日)必着です。
    なお、「助成金研究」は会員の方を対象としております。
  • 第16回日本健康相談活動学会夏季セミナー中止について(報告)

    日本健康相談活動学会 会員の皆様

    日頃より、本学会の活動にご理解とご協⼒をいただき有り難うございます。
    現在、東京都を中⼼とした日本各地において、新型コロナウイルス感染症が急速に拡⼤しています。
    このことを踏まえ、担当委員長による夏季セミナーの開催に関する検討会を実施し、以下の理由により8月9日(日)・10日(月・祝)弘前大学で予定していた第16回夏季セミナーを中止とすることといたしました。

    【中止理由】
  • 新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立っていないこと
  • 開催地・弘前市における大きなイベントである「ねぷたまつり」等が中止になったこと
  • 終息した場合でも、各学校及び各大学の授業が、開催日頃に実施される可能性があること
  • 自粛体制の中で、開催地における実行委員会の開催が難しいこと

    【夏季セミナー中止に伴う対応】
    学会認定資格「子ども健康相談士」資格申請に必要な研修(ポイント獲得)に関する対応について、今後学会ホームページや会員へのメール配信にてお伝えいたします。

    本学会が設立当初より開催してきた夏季セミナーは、参加された方々の実践的な学びを深めるとともに、健康相談活動の研修体系構築へ繋がってまいりました。夏季セミナーに参加することを楽しみにしてくださっている方々、学会認定資格「子ども健康相談士」の資格取得に向け参加を計画してくださっていた方々を考えると、中⽌は苦渋の決断でした。学会として会員及び参加者の健康と安全を第一に考えた対応であることをご理解ください。

    新型コロナウイルス感染症が終息し、夏季セミナーの地で会員や参加者の皆様にお会いできますことを⼼より楽しみにし、更なる学会活動の充実を目指してまいります。

    2020年4月15日(水)

    日本健康相談活動学会理事長  三木とみ子
    第16回夏季セミナー実行委員長  小林 央美
    研修運営委員長  瀬口久美代
    子ども健康相談士資格認定委員長  大沼久美子
  • 第16回日本健康相談活動学会夏季セミナー中止について(報告)

    日本健康相談活動学会 会員の皆様

    日頃より、本学会の活動にご理解とご協⼒をいただき有り難うございます。
    現在、東京都を中⼼とした日本各地において、新型コロナウイルス感染症が急速に拡⼤しています。
    このことを踏まえ、担当委員長による夏季セミナーの開催に関する検討会を実施し、以下の理由により8月9日(日)・10日(月・祝)弘前大学で予定していた第16回夏季セミナーを中止とすることといたしました。

    【中止理由】
  • 新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立っていないこと
  • 開催地・弘前市における大きなイベントである「ねぷたまつり」等が中止になったこと
  • 収束した場合でも、各学校及び各大学の授業が、開催日頃に実施される可能性があること
  • 自粛体制の中で、開催地における実行委員会の開催が難しいこと

    【夏季セミナー中止に伴う対応】
    学会認定資格「子ども健康相談士」資格申請に必要な研修(ポイント獲得)に関する対応について、今後学会ホームページや会員へのメール配信にてお伝えいたします。

    本学会が設立当初より開催してきた夏季セミナーは、参加された方々の実践的な学びを深めるとともに、健康相談活動の研修体系構築へ繋がってまいりました。夏季セミナーに参加することを楽しみにしてくださっている方々、学会認定資格「子ども健康相談士」の資格取得に向け参加を計画してくださっていた方々を考えると、中⽌は苦渋の決断でした。学会として会員及び参加者の健康と安全を第一に考えた対応であることをご理解ください。

    新型コロナウイルス感染症が収束し、夏季セミナーの地で会員や参加者の皆様にお会いできますことを⼼より楽しみにし、更なる学会活動の充実を目指してまいります。

    2020年4月15日(水)

    日本健康相談活動学会理事長  三木とみ子
    第16回夏季セミナー実行委員長  小林 央美
    研修運営委員長  瀬口久美代
    子ども健康相談士資格認定委員長  大沼久美子
  • << 2/3 >>

    トップページに戻る > お知らせ

    サイト内検索
    Feeds

    Page Top