トップページに戻る > Archives: 2021/05

アーカイブ: 2021/05

第3回新型コロナウイルス感染症に伴う養護教諭の実践に関するアンケート(依頼)

第3回新型コロナウイルス感染症に伴う養護教諭の実践に関するアンケート(依頼) 

日本健康相談活動学会 理事長 三木とみ子
同  調査特命担当理事    大沼久美子


★非会員でも調査に参加できます。お知り合いにもぜひお声掛けください。

新学期が始まり1か月が過ぎました。
文科省から、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2021.4.28 Ver.6)」が示されました。
変異株の児童生徒への感染や若者の重症化が伝えられ、心配は尽きません。

学校では、感染対策を講じながら学びを止めない教育活動の展開が求められる中、本学会では、「第3回新型コロナウイルス感染症に伴う養護教諭の実践に関するアンケート」を実施し、養護教諭等がとらえた実態を把握したいと考えます。

ぜひともお知り合いの皆様にもお伝えいただき、多くの皆様から、ご回答いただきたくお願い申し上げます。

【調査テーマ】
第3回 新型コロナウイルス感染症に伴う養護教諭の実践に関するアンケート

【調査目的】
  • 学校保健の専門職としての養護教諭がとらえた学校の現状や実態、困っていることや実践の工夫を調査することにより、子供たちの安心安全を確保する手立てを検討することを目的とする。
  • 第1回・第2回アンケートに続き、実態を定期に把握することにより、長期にわたるCOVID-19への対応について学会として検討する手がかりとする。

    【調査方法】
    1.調査期間: 2021年5月3日(月)~5月23日(日)
    2.調査対象:本学会員及び本調査の情報を得た非会員
      (現職養護教諭、学校保健に携わる行政担当者、学校医、スクールカウンセラー等)
    3.調査方法:Web調査(日本健康相談活動学会ホームページ及び会員向けメール送信等)(回答所要時間は、約15分程度)
    4.調査内容・調査開始はちらをクリック →第3回新型コロナウイルス感染症に伴う養護教諭の実践に関するアンケート

    【倫理的配慮】
  • 皆様の回答は、回答者が特定されないようにした上で、日本健康相談活動学会ホームページ及び会員メールで公表いたします。
  • 回答の送信をもってアンケートの同意が得られたものとします。

    ★Web調査について
  • 今回の調査は主として現職養護教諭を対象としていますが、養護教諭養成・医療・心理・福祉等の関係機関の皆様方のご意見も反映で
    きるようにしました。ご活用ください。
  • 本調査は会員のみならず学会の取り組みを非会員にご理解いただくよい機会でもあるため、どなたでも回答できるようにしました。会員の皆様には、会員でない方にぜひ本情報をご案内いただき、調査にご協力いただくようお声掛けをお願いします。

    意見・その他・お問い合わせ等は、学会お問合せフォームからお願いいたします。
  • 1/1

    トップページに戻る > Archives: 2021/05

    サイト内検索
    Feeds

    Page Top