トップページに戻る > Archives: 2020/05

アーカイブ: 2020/05

香川県立高松西高等学校の実践事例

【香川県立高松西高等学校の実践事例】New!!
作成者:養護教諭 柳谷貴子

■「手作りマスク講習会」の取り組み
  • マスクをつけることを指導しても、マスクが品薄で手に入らない状況から、養護教諭が家庭科の教員に呼びかけ、布屋さんから生地とゴムを仕入れ「手作りマスク講習会」を開設した。生徒も教職員も興味を持ってマスク作りに取り組んだ。特に男子生徒が関心を示し、家族や知人にもと数枚作っていた。誰でも、何枚でも、また自分の洋服の生地でコーディネートするなど、楽しい取り組みとなった。
    「手作りマスク講習会」の取り組み

    ■「ウイルスを正しく恐れる」3分間校内放送
  • 生徒・教職員対象に新型コロナウイルス感染症を「正しく恐れる」ことを目的に登校日の短い時間に3分間の校内放送を実施した。ウイルスと細菌の違い、皮膚と粘膜の違い、ウイルスは粘膜がすき等。結果、生徒はもとより教員が「納得した」「生徒に自信を持って指導できる」などの反応があった。
    臨時休業中(登校日の校内放送 3 分間指導)
    学校生活再開に向けて(登校日の校内放送 3 分間指導)

    ■「感染者発生時対応」フローチャート
  • 学校再開に当たり、教職員や生徒に新型コロナウイルス感染者が出た場合、誰が、何を、どのようにするかについて全教職員に周知するために本校独自のフローチャートを作成した。共通理解を得るために養護教諭が職員会議で説明した。(大量の通知分から要点をまとめ、県教育委員会にも確認して作成)
    「感染者発生時対応」フローチャート

    ■授業実践「感染症と感染症予防対策」高校1年生【保健体育科 科目保健】 単元名:「現代社会と健康」
  • 教科保健「感染症の予防」において、ウイルスと細菌の違い、ウイルスは粘膜に付着して増殖する等、感染症予防の原則に基づいて指導案を作成した。授業内容は、主体的・対話的なアクティブラーニングを心がけた。本授業は3時間シリーズの1時間目で2時間目はエイズ、3時間目は性感染症に展開。
    授業実践「感染症と感染症予防対策」高校1年生【保健体育科 科目保健】 単元名:「現代社会と健康」
  • 学会緊急アンケート調査報告書とweb研修会のお知らせ

  • 学会緊急アンケート調査報告書について
    皆様からお寄せいただきましたご意見をまとめ「COVID-19に伴う養護教諭の実践に関する緊急アンケート報告書(第1版)」を作成いたしました。

    報告書は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国各地で多くの養護教諭、学校保健関係者が尽力していること、また、誰もが体験したことない感染症対応ということで、文字通り暗中模索の中、それぞれの経験、縦 横のつながりを駆使しご対応していることが手に取るように伝わってくる内容となっております。
    また、具体的な対応などの多くの工夫例が紹介されております。

  • 緊急web研修について
    緊急アンケート調査において「今後学会で取り組んで欲しいこと」の意見に「実践例の紹介をして欲しい」、「webによる研修の機会をお願いしたい」などの声が多くありました。
    学校再開にあたり、このような会員の意見にいち早くお応えするために緊急web研修を以下のように企画しました。
    今回は、まず、当面、直面する課題に対応する内容で企画しています。今後は「心と体の健康の危機管理」等の研修を継続して実施予定です。
    日本健康相談活動 第1回「web研修会」案内

    • 日時 5月31日(日)10時20分から12時 (100分)
    • 方法 Zoom研修会(子ども健康相談士認定ポイントAⅢ現代的健康課題領域)
    • 内容
      10時20分 開会 緊急Web研修会 趣旨説明:瀬口理事
      10時30分 講義 理事長メッセージ:三木理事長
      10時45分 緊急アンケ—ト結果報告:大沼理事
      11時00分 ディスカッション・進行:澤村理事
      テーマ「学校再開と健康相談ー今養護教諭は何をすべきかー」
      提案1 安心安全を確保するための教職員研修(現職養護教諭)10分
      提案2 保健室のゾーニングを中心とした学校再開ガイドライン(保健室版)の作成を通じて(現職養護教諭)10分
      質疑応答、協議
      12時00分 終了

    • この研修は、子ども健康相談士資格認定ポイントA-Ⅲとなります。子ども健康相談士の資格を申請する方は、申請時に「第1回web研修会レポート」をご提出ください。
    • 本学会としてZoomを活用したweb研修会は初めての試みとなります。途中で途切れる、アクセスできないなど、万が一の不具合の際は御容赦いただけますようお願いいたします。


  • 心と体両面への対応を行う健康相談・健康相談活動を冠とした本学会では、まずは養護教諭の不安を払拭し、安心安全な保健室経営の道筋を固めることが、子供たちの心身の健康課題や声なき声への対応へとつながるものと信じ、web研修を計画いたしました。
  • 「第1回WEB研修」は、非会員の方にもご参加いただけます。
  • 参加URL情報をお持ちでない方は、2020年5月30日(土)21:00までに、本学会事務局までメールにてご連絡ください。kenko-soudankatsudo★jahca.org(★を@に変えて送信してください。)
  • 【文部科学省】新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

    関連リンク

    緊急Web調査「新型コロナウイルスに関する養護教諭の実践緊急アンケート」(中間報告5/2現在)

    標記調査は、本学会として初めての取り組みでしたが、全国各地の現職養護教諭をはじめ養護教諭関係者283名にご協力をいただくことができました。貴重なご意見・実践のご提供ありがとうございました。

    会員の皆様には「速報」としてメール配信いたしました中間報告を、ホームページにも公表いたします。「理事長緊急メッセージ 第2弾」どうぞご覧ください。

    ■理事長緊急メッセージ 第2弾
    その1:緊急アンケートの実施にあたって

    その2:新型コロナウイルスに関する養護教諭の実践緊急アンケート(中間報告)

    その3:まとめ

    ■調査結果の公表について
    皆様にご協力いただいた調査結果については、理事及び幹事が集計・分析を行い、会員メール及びホームページにて公表いたします。
    今しばらくお待ちください。

    ■会員の皆様へのお願い
    皆様の実践資料を、お送りいただけますか?
    ・心と体の健康観察表
    ・学校再開に向けた○○学校用ガイドライン
    ・保健室内感染防止対策案
    ・健康診断時の感染防止対策案 …など

    お寄せいただいた実践資料は、ホームページにアップし、会員の皆様と共有させていただきたいと考えております。「共有可能!!」という方は、学会事務局宛に、メールにてお送りください。

    既に続々と実践資料提供のご連絡をいただいております。ありがとうございます。
    皆様に、気持ちよく閲覧していただいたり、参考にして自校の実践に役立てていただくため、「ホームページに実践資料を公表するにあたっての確認チェックリスト」を作成しました。
    ホームページに実践資料公表するにあたっての確認チェックリスト

    ご提供いただく方にはお手数をおかけしますが、チェックリストを確認の上、実践資料と併せて学会事務局までお送りください。

    日本健康相談活動学会事務局
    kenko-soudankatsudo★jahca.org(★を@に変更して)


    皆様のアイディアをお待ちしております。

    1/2 >>

    トップページに戻る > Archives: 2020/05

    サイト内検索
    Feeds

    Page Top