トップページに戻る > Archives: 2015/10

アーカイブ: 2015/10

日本健康相談活動学会 会報 第22号 2015.10.15


  • 養護教諭でない立場から「養護学」を探求する意義
  • 2015年度 夏季セミナーin新潟(上越市) 
  • トピックス 色覚検査について
  • 会員の声 養護教諭の職務を支える存在
  • 編集委員会よりお知らせ
  • 日本健康相談活動学会 第12回学術集会のご案内
  • 2016年度 夏季セミナーのご案内
  • 事務局からのお知らせ
  • 編集後記

ようこそ「日本健康相談活動学会」ホームページへ

学会活動の不易と流行

-学会10年を機に設立の原点を振り返り発展と充実を願う-

日本健康相談活動学会理事長 三木 とみ子

20150923miki.jpg


 2015年度~2017年度の3年間(第5期)理事長をさせていただくことになりました。本学会は設立11目を迎え従来の成果と課題を活かし、さらなる発展充実に努力する所存です。本学会の主な活動は学術集会や学会誌の発刊、実践力を高める夏季セミナー等です。今後は理事選出の在り方や学術委員会、研修運営委員会合同で改革のプロジェクトチームによる取り組み等を視野に学会運営をしたいと思います。

 さて本学会は2005年2月26日の設立以来11年目を迎えました。この間、中央教育審議会の答申、学校保健安全法の改正があり2011年金沢での学術集会総会で会則第2条の目的を改正し、活動の範囲を健康相談活動・健康相談とし、内容と人の広がりのある学会運営をして参りました。

 さらに最近は教育の在り方に関わる答申や中間まとめ等が示されています。例えば「教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な方策について(平成23年)」「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について(平成25年)」「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(平成25年)」等です。これからの教育は教員個人がもつ多様な専門性を集めてひとつのチームとする必要性があること、それにあたる教員の資質能力は養成、採用、現職研修を一貫してその向上を図ること、さらに「何を教えるのか」から、「どう教えるのか」というアクティブラーニングなど教育の方法が大切であること等が課題となっています。

 本学会においてもすでに子ども達の心身の課題に養護教諭の特質や保健室の機能を活用する健康相談活動・健康相談、保健指導へのつながり等の教育的支援に取り組んでいます。これを通して今そして未来を生きる子供達の自己実現を図るべくさらなる努力が必要であると考えます。

 さて、手元に学会設立10周年を記念して作成した「学会10年のあゆみ」の冊子があります。学会設立の趣意や学会の沿革、さらに10年間の学術集会の学会長、開催地、夏季セミナーの実行委員長、学会誌等の主な内容、さらに歴代の理事、役員、会員からのひとこと等などが掲載されています。あらためて本学会設立の原点に触れることができます。健康相談活動は子供達の訴えに養護教諭の職務の特質や専門性を活かし、さらに保健室の機能を活かした対応と共に教育職員として教育支援と関係職員との連携等一連のプロセスです。これは時代が如何に変わろうとも不易な価値を持っています。同時に時代の変化に柔軟に対応する力量も必要です。

 最後に本学会第5期の理事長の任に就き改めて以下の事柄に留意しその運営をしたいと思います。


①今を生きようとする子ども達の自己実現に果たす学会の理念を基盤に置くこと。

②心と体への両面への関わりを基本とし、さらなる心身に係わる知識力、観察力、判断力、対応力等の資質能力の在り方を究明すること。

③「健康相談」が学会活動の範疇に入ったことによって活動にかかわる「内容の広がり」 を踏まえて、学術集会や夏季セミナー、学会誌へ反映すること。

④学校医、学校歯科医、学校薬剤師等の関係者、一般教諭等の会員への加入促進によって人の広がりを図ること。

⑤「実践」の集積を基礎基本として、研究活動と学問構築を軸とすること。

⑥学会運営上の課題対応と改革を図ること。

⑦健康相談活動学の学問的構築の確立に向かい研究活動の推進に努めること。


このための要件として本学会顧問の杉浦氏は次の事項をあげています。
  • 学問の誕生が必要とされる動機を明確にする
  • 健康相談活動の原理を明確にする
  • 行使する範囲を明確にする
  • 学としての普遍性のある法則性を提案する
  • 身体的サインとして出現する法則性を明らかにする
  • 健康相談活動の過程的構造の明確化
  • 健康相談活動に用いる技法とその科学的根拠を明らかにする


  •                                  
    2015年9月



    1/1

    トップページに戻る > Archives: 2015/10

    Page Top