トップページに戻る > お知らせ

お知らせ

日本健康相談活動学会 第3回オンライン研修会のご案内

🔶研修運営委員会からのお知らせ🔶
日本健康相談活動学会 第3回オンライン研修会のご案内

テーマ:養護教諭の職務の特質を生かした健康相談・健康相談活動の実際~日々の児童生徒への対応から、その実践と課題を探る~
期 日:2022年1月30日(日)9:30~12:10

〈開催要旨〉
 「健康相談活動」は、平成9年の保健体育審議会答申で養護教諭の新たな役割として提言され、学校医・学校歯科医の行う学校保健法第11条の健康相談と区別し、養護教諭の職務の特質や保健室の機能を十分に活かした心と身体の両面にかかわる教育活動と提言された。これを受けて平成10年教育職員免許法施行規則第9条に「健康相談活動の理論及び方法」が科目新設された。それから23年が経過した今、現場では「変わりゆく子供たちの心身の課題解決」に向けて、養護教諭ならではの健康相談・健康相談活動を展開している。特に、コロナ禍の中、今までと違ういじめ、不登校、自殺の増加、悲惨な学校内での事件等、子供たちの心身の課題が浮上してきている。
 今回は現職の小・中・高の養護教諭の先生方に、健康相談・健康相談活動の実際を実践発表していただき、その現状や現場での課題も含め、また「健康相談活動」についてご自身のお考え等の提案をお願いしたい。そして、参加者の皆様と意見交換をし、「これからの健康相談・健康相談活動」をともに考えていく機会としたい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 期日:2022年1月30日(日)9:30~12:10
  • 会場:オンライン開催
  • 内容:実践発表・協議
    【子ども健康相談士資格認定ポイント:A領域-Ⅲ・1ポイント】
    実践発表者
     〇東海林 栞先生(山形県天童市立蔵増小学校)
     〇門脇 里香先生(島根県浜田市立金城中学校)
     〇堀江 則子先生(石川県立志賀高等学校)
    コメンテーター
     〇本学会理事:大沼久美子 女子栄養大学
        同理事:芦川 恵美 飯能市立飯能第一中学校

  • *参加費:無料
    *zoomミーティングURL、IDとパスコードは、会員メールでご案内しました。お知り合いの方への転送も可能ですので、ぜひ多くの方にお声掛けください。
    *会員外の方で「参加を希望するけれどもzoomミーティングURLがわからない」方は、seminar★jahca.orgまでご連絡ください。追って担当者が連絡いたします。(★を@に変えてメールを送付してください。)

    日本健康相談活動学会誌第 17 巻第 2 号の【特別報告】の原稿募集について

    2021年12月21日
     
    日本健康相談活動学会 会員の皆様                                        
    日本健康相談活動学会理事長 三木とみ子
    同編集委員会委員長 鎌塚優子

    日本健康相談活動学会誌第 17 巻第 2 号の【特別報告】の原稿募集について

    平素は本学会の活動にご協力いただき、感謝申し上げます。
    さて、下記の通り日本健康相談活動学会誌第 17 巻第 2 号の【特別報告】の原稿を募集いたします。会員の皆様の実践等について是非、ご報告いただきますようお願い申し上げます。

    1.テーマについて
     学会誌第 17 巻の特別報告のメインテーマを「社会的養護」としました。
    第 1 号では「学校における社会的養護を必要とする子供たちの支援」をテーマとし、社会的視点から社会的養護の現状や課題等について現在依頼論文で執筆いただいております。
     第 2 号は応募論文とし、「学校のケア機能を問い直す」をテーマとし、教育の場である学校を視点にケア理論や養護教諭の実践等について会員の皆様から原稿を募集いたします。
  • 詳細はこちら→募集要項

    2.募集原稿について
  • A4版(1 行 40 字×35 行、1400 字)で、図及び表を含めて3~5頁
  • 最終原稿の締め切りは 2022 年 8 月 30 日
  • 「査読付き」とします。投稿論文とは異なり、厳重な査読はいたしませんが、執筆者間の調整や原稿全体の体裁、テーマとの一貫性を鑑み、編集委員から再度、執筆内容について修正等の検討をいただく可能性があります。

    3.募集の流れ
  • 執筆希望者は、「特別報告原稿応募シート」をダウンロードし、特別報告の概要(200文字程度)等を記載してください。
  • 上記シートをメール添付し、件名「特別報告応募」で、編集委員会までお送りください。
  • 募集期間 2021 年 12 月 21 日(火)~ 2022 年 3 月 10 日(木)
  • 編集委員会で執筆者を 3 名程度決定し、個別に結果をご連絡いたします。また、執筆決定者には、2022 年 3 月中旬に執筆依頼書と執筆要領を送付いたします。

    4.本件に関する問い合わせ先及び応募先
    日本健康相談活動学会編集委員会
    edit★jahca.org
    (★を@に変えてください)
  • 第18回学術集会(オンライン開催)の登録が、開始されました

    2021年11月1日
     
    日本健康相談活動学会 会員の皆様                                        
    日本健康相談活動学会第18回学術集会
     学会長 朝倉隆司

    第18回学術集会(オンライン開催)の登録(*1)が、開始されました
    (*1:参加申込、演題登録、ラウンドテーブル登録)

    参加費は、2022年1月31日(月)までは事前割引がございますので、ぜひお早めにご登録ください。

    【特徴】
    ①オンラインなので旅費はかからず、参加費のみで自由な場所で参加可能です。
    ②一部プログラムはオンデマンド配信のため、自由な時間にプログラムが視聴できます。
    ③参加型シンポジウムでは、分科会にて少人数で意見交換ができます。
    ④ラウンドテーブルでは、話題提供者の発表をもとに、十分な時間をかけて話題提供者と参加者が自由に意見交換を行うことができます。
    ※ラウンドテーブルの企画は、グループごとに自由なテーマを設けて申し込むことが可能です。

    オンラインの特徴を生かし、参加者の皆様の相互交流を促す機会となるように、実行委員一同準備しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 第18回学術集会ホームページはこちら→
      日本健康相談活動学会第18回学術集会,Home page confit.atlas.jp
  • 参加申込はこちら→第18回学術集会申込
  • 第18回学術集会CM
  • 三木理事長メッセージ
  • 学会長挨拶
    【第18回学術集会概要】
  • テーマ 
    「子供・若者のsocial well-beingを高める健康相談・健康相談活動 —教育と福祉をつなぎ『苦難とともに生きる力』をどうエンパワメントするか—」

  • 趣旨
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、格差、差別と排除、多様性への不寛容、IT化の遅れなど、社会と学校の課題が明らかとなり、孤独、暴力、閉塞感が子供と大人を蝕んでいる。今こそ「学校のケア」機能と養護教諭の在り方を問い直す好機と捉え、協議することを目的としている。

  • 開催日:2022年3月5日(土)、6日(日)
    ※オンライン開催(ライブ配信、オンデマンド配信)
    ※2022年2月26日(土)〜3月21日(月)一部プログラムをオンデマンド配信予定

  • プログラム概要(予定)
    3月5日(土) 学会長基調講演、特別講演、参加型シンポジウム
    3月6日(日) 教育講演①、教育講演②、ラウンドテーブル
    ※その他、期間限定によるオンデマンド配信、学会助成金研究発表、一般演題発表を予定

  • 参加申し込み
    〇事前申込:2021年11月1日(月)〜2022年1月31日(月)
     →会員 4,000円、非会員 4,500円、学生2,000円
    〇通常申込:2022年2月1日(火)〜2022年3月6日(日)
     →会員 5,000円、非会員 5,500円、学生2,000円


  • 日本健康相談活動学会 第18回学術集会実行委員会に関するお問い合わせ
    jahca1★u-gakugei.ac.jp
    (★を@に変えてください)

    第18回学術集会 開催概要と学会予告動画配信について

    日本健康相談活動学会会員の皆様
    日本健康相談活動学会 第18回学術集会
    学会長 朝倉隆司

    第18回学術集会のご連絡させていただきます。
    第18回学術集会は、第17回学術集会に引き続き、オンラインにて開催いたします。
    この度、学会の概要やプログラム等を知らせするため、学会予告動画を公開いたしました。
    現在3本の動画を公開しております。
    日本健康相談活動学会 三木とみ子理事長には「第18回学術集会への期待」をお話いただき、また、第18回学術集会学会長 朝倉隆司は「学術集会の企画の意図等」についてお伝えしております。
    学会予告動画、ぜひご覧ください→ 学会予告動画

    ◆学術集会概要◆
    1.日 程 2022年3月5日(土)、6日(日)
    2.開催方法 オンライン(参加者個別認証)
    3.テーマ  
    「子供・若者のsocial well-beingを高める健康相談・健康相談活動 ―教育と福祉をつなぎ『苦難とともに生きる力』をどうエンパワメントするか―」
    (詳細は、第18回学術集会ホームページをご覧ください。)

    オンラインの特徴を生かし、参加者の皆様の交流を深め、ご満足いただけるプログラムになるように、実行委員一同、鋭意準備を進めております。
    ぜひご参加いただけますと幸いです。

    助成金研究募集の締め切り延長について

    2021.8.3

    日本健康相談活動学会会員の皆様           
    日本健康相談活動学会理事長 三木とみ子
    同 学術研究委員会委員長 宮本香代子

    2021年度「助成金研究募集」の締切りを、9月30日(木)に延長します。会員の皆様の実践を、是非、まとめてください。この機会を研究に活かしていただけるよう助成します。

  • 助成金研究の募集要項は、こちらから。
  • 応募は、申請書をダウンロードし必要事項を記入。助成金研究申請書
  • 学術研究委員長宛にE-mailでお申し込みください。
     gaku★jahca.org(★を@に変えて送信してください)

    *助成金研究は会員の方を対象としております。
  • 1/3 >>

    トップページに戻る > お知らせ

    サイト内検索
    Feeds

    Page Top