トップページに戻る > お知らせ

お知らせ

台風19号被災地・被災者への支援について

会員の皆様へ

10月12日,13日に日本を襲った史上最大級の台風第19号は、河川の氾濫、家屋の崩壊等各地に甚大な被害が生じていることが報じられ、被災地の生活はもとより学校教育に大きく影響していると思われます。
 
 会員ご自身やご家族の被害状況、また避難所となっている学校における諸活動等々、日が経つにつれ緊張状態が続いていることと思います。
被災された子供達は、災害を受けた直後は、恐怖感に向かい、まずは自分の命をつなぎ生きるための最小限の生活維持で精一杯ではないかと思います。

その後、家族、友人、ペットの負傷、家屋や家財の損失等の現実と向かい合ったとき、潜在していた心の中の寂寥感、喪失感等は「心と体の健康」に計り知れない傷となることが危惧されます。まさに、心と体の健康つくりを専門とする養護教諭の行う健康相談の役割が大きいと言えます。
 
 今後、日常を取り戻すため、教育活動に立ち向かうために乗り越えなければならない多くの課題を長期的に抱え、多くのエネルギーが必要となると思います。

 本学会の事業のひとつに自然災害への対応があります。
心と体の両面の健康に関わる日本健康相談活動学会としてできることを本学会理事全員で支援させていただく所存です。
当面は次のことを考えています。
○ 災害に対して、養護教諭は、何をどのようにしたらよいかなどの資料や講師紹介
○ 災害時の心と体の健康観察のポイント
○ 避難場所となった学校の保健室はどのようにすべきか
○ PTSD症状と対応のポイント
○ 命の危険や被害にあった子どもや担任教師のサポートについて

災害はいつ、どこに起こるかわかりません。被災地のみならず全ての会員の課題でもあります。
この困難を共有し「今、できることは何か」を考え、被災地の皆様に可能なサポートをさせていただきたいと思います。
どうぞ下記の学会本部事務局にご連絡ください。

日本健康相談活動学会事務局(女子栄養大学実践養護学研究室)
お問合せフォームはこちらです
メールアドレス kenko-soudankatsudo★jhaca.org(★を@に変えて送信してください。) 
電話/FAX:049-284-3144

令和元年10月16日
日本健康相談活動学会 理事長 三木とみ子
同 理事一同

トライアングル第30号の発行と各委員会からのお知らせ

トライアングル第30号を発行し、会員の皆様に送付いたしました。
お手元に届いていない方がおられましたら、事務局までお問合せフォームからご連絡ください。

◆総務委員会からのお知らせ◆
「メールによる会員への情報配信の開始」について
これまで年間2回発行していた機関紙「トライアングル」が今回をもちまして閉刊となります。それに伴い、今後予定しているメールによる会員への情報配信について、以下のとおりご連絡いたします。
【目的】 
  • メールによる会員への情報配信を、機関紙「トライアングル」に代わる情報提供の方法とする。★会員限定
  • メールにより最新の情報を迅速かつタイムリーに提供する。
  • 郵送費の削減により、他の学会運営に活用することで、より充実した魅力ある学会とする。
    【時期】 
  • 2020年2月の静岡県で行われる第16回学術集会頃にテスト配信を行い、2020年3月からメールでの情報配信開始を開始する(予定)。
    【メール配信までの手続き方法】 
  • トライアングルに同封した「現在ご登録されている情報」を確認の上、変更・新規登録がある場合は、その内容を入力してください。
    登録情報の変更・新規登録はこちらから

    ※メールアドレス等の登録:2019年12月31日(火)まで

  • 登録内容に変更がない場合は、手続きは不要です。
  • 12月末までに、手続きが完了されていない場合、2020年2月のテスト配信が届かないことがあります。
    【その他】
  • メールで配信した情報は、学会ホームページにも掲載します。メールアドレスをお持ちでない方は、学会ホームページから情報を得ることができます。
  • 重要なお知らせは、学会誌発送時等に紙面でお知らせします。
  • 事務局から会員個々への事務連絡(例えば会費納入のお願い等)として、ご登録頂きましたメールアドレスを使用させていただくことがありますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

  • ◆第16回学術集会実行委員会からのお知らせ◆
    学術集会開催案内《第3報》

    ◆学術研究委員会からのお知らせ◆
    養護教諭のための実践研究セミナーご案内

    ◆子ども健康相談士資格認定委員会からのお知らせ◆
    子ども健康相談士資格認定のご案内
    2019年度 申請受付期間 2019年9月1日(日)~10月31日(木)
    子ども健康相談士資格認定についての詳細は、こちらから。

    ◆研修運営委員会からのお知らせ◆
    第16回夏季セミナーのご案内


    学会誌および機関紙「トライアングル」は特典として、会員限定でお送りしております。
    入会を希望される方は、日本健康相談活動学会入会案内入会手続きをご覧ください

    日本健康相談活動学会第16回学術集会《第3報》

    日本健康相談活動学会第16回学術集会開催案内《第3報》は、こちらです。
  • テーマ:多様性・共生社会に向けての健康相談・健康相談活動の創造
  • 開催日:2020年2月22日(土)~23日(日)
  • 開催地:静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」
  • 学会長:鎌塚優子(静岡大学教育学部)
  • 詳細は、 第16回学術集会ホームページからご覧になれます。
    皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
  • 第15回日本健康相談活動学会夏季セミナー・2019年度第1回養護教諭のための実践研究セミナー 盛況のうち終了いたしました


    テーマ:健康相談・健康相談活動のスキルアップ
    2019_01.JPG 2019_02.JPG 2019_03.JPG image1.jpeg 2019_05.JPG 2019_11.JPG 2019_07.JPG 2019_06.JPG 2019_08.JPG 2019_09.JPG

     2019年度、第15回を迎えた夏季セミナーは、福島県いわき市にて延べ250名余りの参加者を迎え盛大に開催することができました。
     17日(土)は、三木とみ子理事長による「健康相談・ 健康相談活動のプロセス及び方法に関する理論」、日本医師会 総合政策研究機構 主任研究員 和田勝行先生による「子供たちを取り巻く国の最新動向~現代的心身の健康課題とその解決にむけて~」、女子栄養大学 教授・本学会編集委員長 遠藤 伸子による「健康相談・健康相談活動に活かす看護学の知識と技術」について講義を受けた後、参加者の皆様とフラパーティーにて交流を深めることができました。
     フラパーティでは、いわき市内のフラダンス教室やフラガールズ甲子園出場校の「フラダンス」、平商高郷土芸能保存会の「じゃんがら念仏踊り」をご披露いただくなど、温かなおもてなしをたくさん頂戴しました。
     また18日(日)は、三木とみ子理事長をはじめ、研修運営委員、子ども健康相談士上級取得者による「健康相談・健康相談活動の実践~養護教諭の職の特質と保健室の機能を生かしたプロセス及び方法・支援の在り方」について、じっくりと演習を行いました。
     昼食時には、子ども健康相談士資格認定委員長 大沼久美子から「子ども健康相談士」について資格申請の条件や申請方法等を説明。
     夏季セミナー前日16日(金)は、学術研究委員会主催「養護教諭のための実践研究セミナー」も開催し、大盛況のうち終了いたしました。

     運営を取りまとめていただいた菊地かず代実行委員長をはじめ、実行委員の皆様、ご参会いただきました皆様、本当にありがとうございました。
    2019_10.JPG(実行委員会の皆様)
     
    第16回夏季セミナーは、2020年8月9日(日)・10日(月・祝)、青森県弘前市にて開催いたします。多くの皆様のご参加を、理事・実行委員一同お待ち申し上げます。

    福島民友新聞に第15回夏季セミナーが掲載されました。

    第Ⅵ期日本健康相談活動学会

    学会の活動が会員ひとりひとりに届くことを目指して
    理事長あいさつ
    第Ⅵ期役員
    2018年度事業計画(案)
    会則・実施細則

    1/2 >>

    トップページに戻る > お知らせ

    サイト内検索
    Feeds

    Page Top